2010年11月11日

もうだめだわ・・・

・仙谷由人官房長官は10日午後の記者会見で、沖縄県尖閣諸島沖で発生した中国漁船と
 海上保安庁の巡視船が衝突した事件を撮影した映像を動画サイトに投稿したと告白した
 海保職員が警視庁の事情聴取を受けていることについて、故意に流出させたことが事実なら
 「大阪地検特捜部の事件に匹敵する由々しい事案だ」との認識を明らかにした。

 仙谷氏はこの職員への対応について「犯罪がもし発生しているとすれば、刑罰も含めて、
 行政罰もしかるべく行為の質と量に応じて行わなければならない。徹底した捜査に基づいて
 処分を行う必要があれば行う」と指摘した。

 世論は職員に寛大な措置を取るよう求める声が多いとの質問に対しては「国民のうちの
 過半数がそう思っているとはまったく思っていない。いろんな事件が起これば、けじめの
 ついたしかるべき措置をしてもらいたい、という健全な国民が圧倒的な多数だと信じている」
 との見方を示した。

=============================================================================

尖閣諸島沖での中国漁船衝突を巡るビデオ流出事件について、昨日、海保の航海士が「告白」したことについての民主党仙石官房長官の記者会見での内容を記載してみました。

中国に対して配慮?したのかビデオの公開を妨げていた民主党に対して、一部の議員に対して短く編集された映像を公開していたが、その内容を見たいと思った国民は多かったはず。
その映像が流出された訳だから、当然、流出した海保職員に対して、世論は「支持」している状況に対して、上記のような発言をしたわけなんだが・・・・・
元々、どういった『本当の理由』で公開しようとしなかったのかは民主党でないとわからないけど、ほんとにこの党はガタガタですね。

テレビなどのメディアでは「街行く人」にアンケートをとると6〜8割が職員擁護派だったけど、少なく見積もっても『国民の過半数』は『寛大な処置を求めている』と思うですがね。
(最近はメディアも情報操作をしているようで信用はできないんだけど・・・・)
もはや、民主党には「民意」というものを感じ取れなくなったのか、それとも、「民意」を無視しているのか。
内閣の行動を見ていると、彼らは政治を玩んでいるだけの素人集団の集まりとしか思えなくなってきました。
この国はどこに向かおうとしているのか?
この国は何を目指しているのか?
この国として守らなければならないものなんなのか?
言っている事はビジョンのない綺麗事で、どろどろしたものには手も触れずに目もくれない。
挙句の果てには、言った事さえできていない。

『5年、10年後に振り返ったときに、自分の内閣が冷静に対応したことはきちんと評価されると確信している』なんて国家の舵取り役が言ってますが、先の評価よりも今を心配してくれよな。

民主党の支持率はどんどん下がっているようだが、本当に下野に落とすための良策はないものだろうかと思ってしまう今日この頃です。
posted by がちゃぽん at 10:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。