2010年09月25日

まだまだこじれる日中問題

尖閣諸島沖衝突事件は中国人船長不起訴~釈放と言う結末を迎えたが、中国当局の圧力に屈した結果というのが、大多数・・いや全員が思った事でしょう。
それにしても、今回の中国当局の処置は凄かった。
駐中大使の深夜も含む数度の呼び出しから始まって、閣僚レベルの交流中止、SMAPの公演中止、民間旅行者の交流中止と高度なレベルから段々下がってきて、ついには日本人拘束に繋がった。
しかも、国連総会という大きな場での温首相の発言、レアケースの輸出停止までくると、「釈放」せざるを得なかった・・・つまり、日本は圧力に屈したと国内外に曝してしまった訳である。

今回の中国の強硬姿勢の裏には何があるのだろうか?
もちろん尖閣諸島の領土権という大きな問題はあるのだが、かつて小泉時代にも尖閣諸島で問題は起こったが、先送りという形で沈静化した経歴があるだけに今回のこの姿勢は管・民主党政権に問題があるのではなかろうか?
そもそも、普天間移設問題で民主党は「国外、悪くても県外」と言いながらも最終的には「在日米軍の抑止力」という事で話が戻ったように、概して民主党は外交問題には疎く(外交だけではないが)各国とのパイプを持っていないのが、今回、問題を大きくした原因ではないか。
しかも、普天間移設問題でアメリカとの関係が崩れかけているため、そこを中国が突いてきて「日本、組み易し」と考えたようにも思える。
いずれにしろ、管民主党政権は全世界に弱腰という印象を与えた結果になった訳で、今後の外交における存在感は一層弱まったと見るべきであろう。
(話は脱線するが、「まるごし外交」を推奨する社民党はこの一連の騒動をどう見ているのか知りたいもんである)

民主党代表選で支持率が上がった管政権。この一連の騒動でまた下がっていくでしょうね。
さらに先ほど、中国が賠償と謝罪を求めるというニュースが流れてます。
さて、どんな行動を管政権が取るのか見ものです。


うがった見方をすると、昨年末に大訪中団を率いた小沢が政権中枢にいたら、話はここまでこじれていなかったのではないかとも思える。
ひょっとしたら、今回のこの騒動の仕掛けたのは小沢・・・・・?
posted by がちゃぽん at 10:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。