2010年07月15日

口蹄疫の問題

口蹄疫の問題で種牛の殺処分を巡って、宮崎県と農水省・・・いや、東国原知事と山田農水相で問題が起こってます。

この話は、民間の種牛について殺処分に拒否した事がそもそもの問題で、県が所有する種牛については、殺処分対象外となっているので同じようにして欲しい―しかも、損得の問題じゃなくて今後の宮崎の畜産業のためにということなので、民間の種牛を県に譲渡してもいいと言っているので、公的な意味合いがでて、東国原知事も特例として殺処分から外せないかという意見。
一方、山田農水相は『例外を認めると他の農家と不平等だし、輸出入にも制限がかかるので早く処分しろという言い分。

ただ、この問題に関しては、山田農水相にかなり個人的な感情が入っているような気がします。

2日前に東国原知事を東京に呼び出し、協議を開いた時に持参してきた「嘆願書」を手で受け取らず、「(机の上に)置いといて」と行動がニュースで流れていましたが、あの態度は普通ではないな。

山田農水相は、この会見の前にこんな事を言っていた。
①「口蹄疫の問題は第一義的には県に責任がある」
②「宮崎県は口蹄疫という国家的危機管理に対する意識があまりにもなさすぎる」
③「県の甘さがこれだけの被害を生んだと言ってもいいのではないか」

ちょっと待って!
10年前の口蹄疫の時のノウハウを持った農水相の役人が、当時の赤松元農水相に中心的な行動を取ってもらうように依頼したときに 赤松元農水相は「慌てるな!役人はすぐ大きな問題にする。それが風評被害のもとになる」と言い放って、役人や自民党議員の制止も聞かず外遊に行ってしまったんじゃなかったっけ?
これで初動が遅れて大きな問題になり、鳩山が首相を辞任したときに、赤松も辞任する事になっただよね。
だから、①の発言の『県』は「赤松」に ②の『宮崎県』は「内閣」に ③の「県」は「民主党」に変えた方がいいんじゃない?

そもそも、この山田農水相ってその時の副大臣だったんだよね。大臣が不在の時は副大臣が動くべきじゃないかな?なぜ、動かなかったのか?
この件についても、ネット上では色々と飛んでますね。
自分が牧場を設立した時に『将来は牛だけでなく、中国の青島から子牛を輸入して 日本の食肉基地としての”大牧場”を志す』と5月25日時点の自分のHPには書いてましたが、今は消されてます。
でも、凄い世の中です。ネットにHP履歴がありました。
5月25日時点
5月28日時点
5月31日時点

こういう事をするから、宮崎ブランドを壊滅させるなんてネットでは書かれてますけど、さすがにそんな事はないですよね・・・・・・

で、そもそもなぜ、宮崎で口蹄疫が発生したのか?という事についてもネット上で書かれてます。

元々、口蹄疫の発生により輸入禁止だった韓国産豚肉の輸入を民主党が2009年9月に再開したが、2010年1月に口蹄疫再発生で再び禁止になった。
その1月にJICAを通じて熊本の酪農家に韓国からの研修生が来ることになった。
研修生は口蹄疫が発生している韓国京畿道州抱河市西域から。 熊本の酪農家はこれを断った。
宮崎2区のJICA出身の民主党道休議員が地元宮崎での受け入れを要請。 宮崎のある程度の規模の所は当然断ったが、道休が都農の水牛チーズ農場に研修生の受け入れさせた。
宮崎での初患畜は水牛・・・・・・

たまたまと言えば、たまたまとも言えるんですが、それこそ民主党議員に「危機管理」があれば、発生はなかったかもしれませんね。

ともあれ、山田農水相も杓子定規に「殺処分すべき」だとか「危機管理がない」などと感情的に対処するのではなく、大臣らしく対処してもらいたいけど、出来るかな?
posted by がちゃぽん at 18:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

議員失格!山田農水大臣

「口蹄疫」関連のニュースを見てました。
東国原宮崎県知事が、種牛の殺処分の撤回を求める「嘆願書」を農水省に持って行って、山田大臣に手渡そうとした時、大臣が一言。
「そこに置いといて」

はぁ~?
東国原も仕方なく机の上に置いたけど、「嘆願書」って、国民が書いたものでしょ。
普通は、というよりも当たり前のように両手で受け取るものじゃないの?
オマエの給料は誰から出ているの?国民からなんでしょう?その扱いはなに?

という出来事を見て、ネットで見てみました。

そもそもの問題は、口蹄疫問題で疑いのある牛は、たとえ種牛であろうとすべて殺処分するという方針から始まった。
但し、県所有の種牛5頭は特例処置で、家畜移動制限区域外に隔離されて殺処分されていない。
そこで、民間農場で唯一、国の検査に合格して種牛と認められている種牛5頭についても、
種牛の抗体検査を行い、シロと確認できれば問題ないはずで、宮崎の畜産業再生にも必要という事で
接種を拒否している。
しかも、この民間牛を県に預けてもいいとまで言っているのに対して、農水相は「例外は認められない」としている。

なんでそこまで頑なに種牛を殺そうとするんだろう。
宮崎として畜産業を壊滅させようとしているんだろか?
しかも、何か根拠があっての発言ならまだ理解できるが・・・・・

そもそも、この口蹄疫があそこまで問題になったのは、赤松元農相が的確に動かなかったのが原因と言われている。
10年前にも口蹄疫が発生したけれども1ヶ月半で収拾した事があって、今回も発生の疑いが出た時に、当時の事を知っている農水省の役人が赤松農相に対策の中心となって活動して頂きたいと言った時に、赤松農相は
「慌てるな!役人はすぐ大きな問題にする。それが風評被害のもとになる」と言って、役人や自民党議員の制止も聞かず中南米に外遊に出ていた。
・・・・その結果、宮崎県の畜産業は壊滅状態へ。

そのうえ、この山田農水相はこんな事を言っている。
①「口蹄疫の問題は第一義的には県に責任がある」
②「宮崎県は口蹄疫という国家的危機管理に対する意識があまりにもなさすぎる」
③「県の甘さがこれだけの被害を生んだと言ってもいいのではないか」

はぁ~?
前任者とその時、副大臣だったあなたに「国家的危機管理に対する意識」はあったんですか?
①の「県」を「国」に、②の「宮崎県」を「民主党」に ③の「県」を「民主党」に変えた方がよくわかるんですが・・・


あと、こんな話もあったんですが、確認は取れていないのでコメントは差し控えます。
・山田大臣は長崎で畜産業を経営していたから宮崎ブランドにうらみがある。
・パチンコ業界の倒産に国家賠償法による賠償の対象とすると発言を国会質疑(2007年6月)
・口蹄疫の発生によって輸入禁止だった韓国からの牛肉・豚肉の輸入解禁
 (その後、2010年に韓国での口蹄疫発生により輸入禁止)
・民主等が韓国からの研修生を押し付けた宮崎の酪農家周囲で口蹄疫発生。(→こちら)


とにかく、国会議員は国家と国民の事を考えて、行動してほしいもんです。
posted by がちゃぽん at 18:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

中身をよく見ると・・・

今回の比例選で当選した民主党の議員の前職を見てみると・・・・

01. 有田 芳生 ジャーナリスト 
02. 谷  亮子 柔道選手
03.★直島 正行 自動車総連(元トヨタ)
04.★小林 正夫 東電労組
05.★柳沢 光美 UIゼンセン同盟
06.★石橋 道宏 NTT労組
07.★難波 奨二 日本郵政グループ労組
08.★津田弥太郎 JAM・ゼンキン連合
09.★那谷屋正義 日教組
10.★江崎  孝 自治労
11. 藤末 健三 通産省
12.★加藤 敏幸 電機連合
13. 前田 武志 建設省
14.★田城  郁 JR総連
15. 白  真勲 朝鮮日報日本支社長
16. 西村 正美 歯科医師

16人中10人が労働組合出身でした。連合支持とは知ってましたがこれほどとは思いませんでした。
よくは知らないのですが、所属している組合から組合員に投票依頼という形で協力を要請してくるらしいですね。
出身の組合をみると大きな組織ばかりなので、そこから得られる票はばかになりませんね。

今回の選挙でも結局、野党の勝利と言われてますが、こういう組合票も含んではいますが、
比例選での得票数は民主等が一番多かったわけですから決して野党の大勝とは言えない気がします。
posted by がちゃぽん at 13:10| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

新聞も同じように言っている・・

前の記事で書いたことような事を産経新聞が書いてました。

誰も責任を取らない民主党 うわべの低姿勢 でも「党内優先」隠せず
2010/07/13 00:04(産経新聞)

■しどろもどろ…

 民主党政権10カ月への国民の審判が下った参院選投開票から一夜明けた12日。首相の菅直人は平日にもかかわらず、午後3時すぎまで首相公邸に引きこもった。

 午前中には幹事長の枝野幸男や官房長官の仙谷由人、国対委員長の樽床伸二らを公邸に呼び、党執行部の続投を決定。菅が目標に掲げた改選議席「54」を10議席も下回った「惨敗」だが、誰一人責任を取ろうとする者はいない。

 「自分の発言が選挙戦に大きく影響したのは申し訳なかった。消費税の中身をもう少し説明すればよかった」

 菅は12日夕の党役員会で出席者にこうわびた。執行部続投に異論はなし。9月の党代表選を控え、党内に「様子見」ムードが漂う。

 12日夜、菅は首相官邸で記者団の取材に応じたが、責任論についてはのらりくらりとかわした。

 「役員会でみなさんの意見を拝聴し、理解をいただいた。野党のみなさんの主張もしっかり受け止めて政権運営しないといけない。国民のみなさんにもこれからの政権運営を見ていただきたい」

 「辞表を出すのが筋だ」(閣僚)と党内から辞任論が強まっている枝野も12日夕の記者会見でしどろもどろにはぐらかした。

 「国民の皆さんから厳しい叱咤(しった)の評価が下ったことを真摯(しんし)に受け止め、どうこたえるか。新たなスタートに立ったつもりで…」

 仙谷も同様にごまかした。

 「政治家の責任の取り方は、すっきりくっきり一枚一枚カードを取り換えていけばいい、ということではない場合が多々ある」

 菅も枝野も仙谷も、野党時代は政府・与党追及の急先鋒(せんぽう)だった。かつての姿は見る影もない。

 ■奇妙な均衡状態

 だが、党内で菅執行部への不満のマグマはうねっている。それが噴き出さないのは、下手な動きを示せば収拾がつかなくなり、党分裂まで発展しかねないからだ。

 「選挙戦の最中に党執行部と(前幹事長の)小沢一郎さんが空中戦を展開した。責任ある立場の人が先頭に立って鉄砲を撃った」

 長野選挙区で4選を決めた防衛相の北沢俊美は12日、長野市での記者会見で敗因をこう分析した。北沢は、小沢が主導した複数区への複数擁立戦術で苦戦を強いられた。消費税増税をめぐる菅と小沢の“内ゲバ”が追い打ちをかけ、つい恨み節が漏れたようだ。

 親小沢勢力の不満はさらに大きい。小沢系グループ「一新会」事務局次長の松木謙公はさっそく9月の代表選での決着に言及した。

 「執行部に責任があるのは当然だ。責任の取り方は自分たちでお考えになればいい。9月の代表選は無投票ではなくしっかりした戦いをやるべきだ。小沢さんの待望論が出るのはうれしいですね。ぜひ頑張ってもらいたい」

 一方、一新会会長の鈴木克昌は「あまり政局というか、人事がどうこうだと言っている時期ではない」と余裕の表情を見せた。菅執行部続投を容認したわけではない。決起すべき時期が来るのを待つ。そうみるのが自然だろう。

 ■見かけは低姿勢

 12日午前、菅内閣の閣僚や民主党幹部はテレビなどでこれまでの政権運営のあり方への「反省」を相次いで口にした。

 幹事長代理・細野豪志「一つ一つの政策を丁寧に野党に賛成していただけるようなやりとりをしていかなければならない」

 財務委員長・小宮山洋子「民主党政権になってからの国会運営が乱暴だったという批判もある。本当に丁寧にやっていくしかない」

 総務相・原口一博「謙虚で慎重な姿勢がわれわれに足りなかったことを反省しなければならない」

 今回の衆参ねじれは、自民、公明両党の連立政権時のねじれより深刻だ。与党の衆院議席は民主、国民新両党で計310議席。全体の3分の2に届かず、法案が参院で否決されれば、憲法59条の規定に基づく衆院での「再議決」はできない。

 民主党が、国民にも、野党にも、ひたすら低姿勢で接しようとする理由はここにある。

 とはいえ、地金は隠せない。仙谷は12日の記者会見で、神奈川選挙区で落選した法相の千葉景子を続投させる理由について「9月中に代表選があること」を最初に挙げた。千葉に事実上の不信任を突きつけた「直近の民意」よりも党内事情を優先させる。それに何の疑問も感じていないのだ。

 「謙虚」と「丁寧」が合言葉のように飛び交う民主党。再び「国民の生活が第一」というスローガンも多用するようになった。だが、とても額面通りには受け取れない。

 ■矮小な政治

 「責任の所在なんてものはないでしょ」「消費税…どうってことないでしょ」

 山梨選挙区で3700余票差で辛勝した参院議員会長の輿石(こしいし)東は12日、菅ら執行部の責任を記者団に問われ、人ごとのようにこう語った。輿石は執行部の一員だが、菅よりも前幹事長の小沢一郎に近い。自分さえ当選すれば後はどうでもよいようだ。

 それでも難航が予想される国会運営を見据え、党執行部は水面下の動きを加速させた。枝野は国民新党幹事長の下地幹郎にさっそく電話し、「これからもよろしくお願いします」とへりくだった。

 9月の党代表選を見据えた合従連衡も始まった。

 環境相の小沢鋭仁、衆院災害対策特別委員長の五十嵐文彦ら前首相、鳩山由紀夫に近いメンバー約10人は12日夜、都内の中華料理店で会談し、新たな党内グループ結成に向け、若手に参加を呼びかけることを決めた。外相の岡田克也、財務相の野田佳彦、党選対委員長の安住淳らも都内で会談し、菅を支えていく方針を確認した。

 一方、松木は「小沢ガールズ」の衆院議員、田中美絵子らと都内の居酒屋で名古屋市長の河村たかしを囲んだ。「減税派」首長の河村と親交を結び、増税に傾く菅らを牽制(けんせい)する思惑があるようだ。ただ、小沢はこの日も姿を見せなかった。

 幕末の志士、坂本龍馬の師の1人である勝海舟は明治維新の30年後、厳しい国際環境に目を向けず、政争に明け暮れる国会のありようを嘆いている。

 《今ごろ世間で国家問題といつて居(い)るのはみな嘘(うそ)だ。あれはみな、自分の頭の上の計算(かんじょう)ばかりだ。今日の場合、議員の頭の揃(そろ)ふ揃わんのと気を揉(も)むのも、あまり誉(ほ)めたことではあるまいよ》(「氷川清話」)

 国民は、無責任で姑息(こそく)な政治にうんざりした目を向けている。(敬称略)

----・----・----・----・----・----・----・----

民主党は「野党的な記事」としてマスコミ批判をしていたが、この記事もそういうのだろうか?
菅も枝野も仙谷も「しどろもどろ」・・・・
輿石の発言に対しての「自分さえ当選すれば後はどうでもよいようだ。」・・・・

決して、マスコミだけじゃないよ。政治に興味があれば誰だってそう思うはず。

早い話が民主党議員は稚拙なんだね。

posted by がちゃぽん at 15:32| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

違うと思うけどね・・・

民主党は大敗の結果、首相・執行部は9月まで続投、落選した法務大臣も留任。野党には連携要請。

違うと思うけどね。

まず、法務大臣の留任なんて、もってのほかの判断。通常ならば、即、代わりを立てるし、時間的な問題なら
他の大臣に掛け持ちをさせればいいはず。
どういう判断で決定したのか意味わからんね。
『民意』は千葉法務大臣を求めてない事がわからんのか。
この決定の撤回を求めます。

野党との連携を要請?
自民・みんな・公明・共産とも『連携はありえない』って言ってるのに?
裏の世界があるのかどうか知らないけれど、表立って連立するとはどこの党も言わないでしょう。
『部分連合』で充分じゃないでしょうか・・・・それとて、難しいけど。

9月末まで首相・執行部は続投。
今から顔ぶれを変えてもまた、9月になったら・・・という意見はわからんでもないけれど、
大敗の責任をどのように取るのかと言う視点で立てば、やはりおかしい。
選挙が始まった頃、演説で「民意を問う」とはっきり言ってるのだから、その民意の結果がこんな風に
出たのだから、何らかの謝罪をしなければならないのにね。

実は、民主党が信頼できないと言われる原因が
こういうやり方だと思うんだけどな。
posted by がちゃぽん at 15:14| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。